上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.02 おソース
「お願い! ランキング」の美食アカデミーが面白い。
いつも見てしまう。
明日はロッテリアに直行だ。

さっきTVを見ていて気づいたのだが
ちょいキビ判定員の青山有紀さんが
ソースの事を「おソース」と言ってた。

実は私も、ソースに「お」をつける。
子供の時からそうだ。
母親がそう言ってたから。

でも、以前、職場でお昼に
「おソースいる?」
って言ったら、みんなに笑われた。
「なにそれ~! おソースなんて変なの! どんだけいいお育ち?」
とか言われたのである。
ムスメにも、よく
「なんでそんなに"お" つけるの?」
と、言われる。

いや、わたくし、決していいお育ちではないのだが
確かに言われてみれば
「お」をつける確率、かなり高い。
歳くってるからだろうか?
いや、これはやはり母の影響が大だ。
なんでも「お」をつける人だった。

よって私も、それを受け継いでしまったのである。

だから、ムスメが
「今日のみそ汁は何?」 とか
「しゃもじはどこ?」とか言うと
お味噌汁って言いなさい! おしゃもじって言いなさい!
と、ムキになる傾向にある。

これは果たしていい事なのか…もしかして良くない事なのか…
あまり「お」つけるのってかえって品がないのか?
よくわからんが
あたしゃぁ、これからも
おソースだ。
「お」をつけないと嫌なのだ。
これは、理屈ではなく
嫌だから嫌なのだ。

お味噌汁、お箸、お茶碗、お皿、おしゃもじ、お漬け物
お豆腐、お豆、お砂糖、お醤油、お塩…
やっぱし、つけなきゃキモチワルイ。
(つけるとキモチワルイってムスメには言われる…)

201106030659000_convert_20110702231000.jpg

    おジジ
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。