上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末の三浦大地君のライヴでの事。
場所は横浜BLITZ。
近い距離だからこそ、大知君のライヴはいい。
ライヴハウスだから、当然スタンディング。
よって、いい場所を確保しないと
大知のスゴすぎるダンスが見れない。

で、今回は一段上がった場所を確保。
目の前に女性の二人組がいるけれど
ちょうど頭と頭の間からバッチしステージが見える。
よし!
と、思ってライヴが始まったはいいけれど
この私の前の片方の女性
なぜか大知の歌が始まるたびに
頭をユーラリユーラリと左右に揺らすではないか。
彼女の前にはさえぎる者がいないから
ノリノリで揺らすのだ。
あーー、見づらい…。

バラードになると、ゆ~っくり揺らし
アップテンポになると、激しく揺れる。
なんでそんなに揺れるんじゃー。

だからそのたびに
私もその後ろで
彼女とは反対側に頭を揺らして見るしかないのであった。

私の後ろの人も私が揺れれば見えないから
また反対側に揺れ、その後ろの人もまた揺れ
きっと、ステージ上の大知君からは
EXILEのチューチュートレイン状態になって見えたと思う。

スタンディングのライヴハウスでは
なるべく頭を左右に揺らすのはやめましょう。
ヘッドバンギングって
あれはある意味、必然的にああなったのかね。
などと、妙に納得する。

DSCF0101_convert_20120110224108.jpg
 鼻の穴からレーザービーム
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。